二の腕ダイエットの効果的な方法(3)  二の腕を鍛えましょう! 

鍛えるエクササイズ

衰えた伸筋を「ほぐして」、「ゆがみを矯正して」、「鍛える」ことで、二の腕シェイプ効果を促進します。

背筋(特に伸筋)は、体を支えている重要な部分です。しかし、こりや痛みが出やすい部分のなので、この症状を改善すれば、血行が促進され不調も改善されます。二の腕にもつながっているので、二の腕痩せ効果も期待できます。伸筋の改善には、”ほぐす”、”ゆがみを調整する”、”鍛える”ことが重要です。

この三段階(トリプルステップ)のエクササイズを実践して、体調改善、二の腕ダイエットに役立ててください。

背中の筋力をアップするエクササイズ

こちらは、首に負荷をかけ背中の筋力をアップするエクササイズです。首倒しエクササイズは、背中の筋トレになります。凝った筋肉をほぐし、ゆがみを調整してから行いましょう。ゆっくりと行うことが、ポイントです。

・頭を下げ、両手を後頭部に添える。

頭だけを少し下げた状態にします。

両手を組んで後頭部に添え、頭を押さえます。

このとき、わきはやや閉じておきます。

背中や腰を丸めないように注意しましょう。

 

・両手で負荷をかけながらゆっくりと頭を起こす。

ゆっくりと頭を上げていきます。

起き上がる頭の力に対し、両腕で負荷をかけましょう。

ゆっくりと5秒ほどかけて行い、①と②を3回繰り返します。

慣れてきたら5回にします。

肩甲骨寄せエクササイズ

こちらは、僧帽筋・広背筋の2つに効果的な肩甲骨寄せエクササイズです。これまで紹介した6つのエクササイズに慣れてきたら、こちらにも挑戦してください。ややきついかもしれませんが、僧帽筋と広背筋の両方に効果があります。

曲げた両腕を左右に開き肩甲骨を寄せあいます。

腕を床と水平に伸ばし、ひじを曲げます。

そのまま、両ひじを後ろに引き、胸を張ります。

肩甲骨をギリギリまで寄せるよう意識し、10秒キープします。

これを5回繰り返します。

以上、「鍛えるエクササイズ」ができたら ペットボトルで引き締めダイエット もオススメです!